2019年10月13日日曜日

鳥たち

嵐を逃れて白い鳥がうちへ来て
七色の鳥も訪ねてきて
ずっと空だった鳥カゴに羽ばたきを聞いた
それは懐かしいあいさつのようで

2019年9月5日木曜日

2019・8・18

君のいた景色をなつかしく
まぶたが思い出して
涙のこぼれるのに
溶け出して

手のひらから
ぬくもりが消えて
触れるものすべてに
流れ出してゆく

風が波を立てて
波がまた風を起こして
見つめることで
時がまた過ぎ去ってゆく

整頓された四脚の椅子に
ステンドグラスからの陽が差して
ぼんやりとした蜻蛉たちが
秋の空に印をつける

あの暑い日の幻が
黒い階段から降りてきて
ドレスを纏った少女を
さらって行った

水びたしの三角コーンが
チェスを始めて
甘すぎるクッキーを
給仕

拒まれ去られていくことを
知らないものが
許されざるものとなる前に
美しき一輪の花を飾れ



2019年7月2日火曜日

クローバー


四つ葉のクローバー食べてるみたいだよ
とてつもなく可愛らしい君よ

2019年4月9日火曜日

それはいつか落としてしまった
私の手のようでありました
私は少しだけ近づいて今ある手を重ねてみました
波の音が聞こえた気がしました
飽き足らずに走り出した
少年を砂浜まで追いかけて見つけたのは
ひとつの貝殻
耳に当てると懐かしい季節の音がした
さよならのふりして
足元見れば
敷き詰められた桜の花びら
昨夜の雨が速度をあげて
春を遠ざける
列車の行き交う街並みの中で
私は今日も点滅している

2019年4月5日金曜日

夕暮れの道に黄色い風船の浮かぶ
それは昨日からの手紙
おかえり
風が吹くと花びらが舞い、
人々が眺めたりはしゃいだり
遠い日と思っていたのに
それは今日のことだったり
今ばかりが捕まえられず遠く遠く
わたしから引き剥がされていました

少し雨が降って
やがてやんで日が射したりしました
ひとり
よらず
ひとり

2019年3月2日土曜日

3月2日 夢の話

打ち合わせでレストランへ行く
そこには東南アジアの従業員たちがいた
その一人が私が映画を作っていることを知って
ひとつおすすめの映画を教えてくれた
象が二頭黄金の扉を開くと林になりそこへ男女二人が入っていく
林を抜けると桟橋が現れその桟橋には色とりどりの布が敷き詰められている
その布は桟橋の両岸から世界中の人がやむことなく投げ入れているもの
桟橋は長く続いていてその橋の先の島がありその島は美しい浜辺があった
映画はその全体の序盤だといった
その島には宝がありそこにいくと人生がだめになるというものだった
しかし、世界中の人が布を投げ入れるシーンは美しく私は見てみたいと思った
レストランを出るときに食べものをふるまい
私たちは車で店を後にした

2019年3月1日金曜日

通勤途中の民家の間に草が生えている
そこに陽光がさして私は足を止める
私はシャッターを切る

通勤途中の民家の間に枯れ草がある
それは半年前立ち止まり写真に収めたところ

半年の間私はその草たちに何も気にかけず通過した
残ったフィルムにはまぶしい草があった

2019年2月28日木曜日

無題

はがれたばかりの水平線が
銀色のカーテンに浮かんで
沈みかけたビー玉の転がる先にたなびく
蓄積された電子顕微鏡の隙間から
今朝また風の子たちがのぞいている
狂った歯車のねじが一つ外れて
見知らぬ土地へとダイブする
詰め込まれた弾薬はその役目を果たせず
麦畑に放置されたまま眠っている

2019年2月27日水曜日

無題

ぼんやりとした麻婆茄子
三つ編みの螺旋階段が空まで伸びて
雲が散る
たんぽぽは笑う
ヒマワリは泣く
ヒバリの群れが故郷を目指してはばたく
これら一切の事象が点灯して
街の中に消えていく
さようならサイレンス

雑詩

カフカは昼間の仕事のあと夕食を済ませて
朝日の昇るまで小説を書いたという
小説を書くことは新しい世界に光をあてていくこと
作り上げていくこと
詩は
いや、詩も
そうして書ければと思う
これは散文
これは小説
これは詩
どれでもいいなんでもいい、
始まりの言葉を見つけたい
今日の昼間2019年の2月26日の14時頃
私はなにかをみつけた気がしているのだが思い出せない
こうして書いているうちに思い出すかもしれない
なにかを見てうつしとるのではなく
心にうかぶことを掬う
それをつないでいくこと
仕事に向かう途中私は
その陽光、夕暮れのなかに
なにもかもをわすれてたたずんでいたかった
なにが私をせかすのか
なにが私を移動させようとするのか
そこにたたずんで風景と一緒に
ああ、そう風景と一緒にいたかったのに
私は去ってしまった
心に浮かぶ声を、
知っていたのに
知っていたのに!
行ってしまった、去ってしまった
再びそこへ立つことはない
悔恨
もっと風景と一緒に
もっと風景と一緒に
どこへいくよりもはるか遠くへいける
風景と一緒に

2018年12月10日月曜日

ホクロ

君に/昼下がり/似た人を/仕事に向かう電車の中で/見かけた/見つめたけど/手の形/髪型/太腿の太さ/茶色のバック/あぁ/ホクロがないね/かきあげた前髪から/のぞく/はずの/ホクロ/ホクロ/があったとして/僕は話しかけただろうか/君は君であっただろうか/

2018年12月4日火曜日

白い本

白い本の表紙に君が触れた
白い本を持ち上げて君が開いた
開いたものは誰かの呼吸
触れたものは誰かの皮膚
文字が君の時間と一緒に走る
君の身体が熱くなる
君はひとつ深く息をした
白い本を開いたままで
君は顔をあげて遠くを眺めた

2018年10月19日金曜日

夜更けに地球の裏側の薔薇から便りが来て

夜更けに地球の裏側の薔薇から便りが来て
新らしい記憶をロングスプーンでかき回す
クリームソーダみたいなビーチが溢れて
パラソルがいるねって駆け出していく
砂がね、舞って、君の小麦の肌が光るよ
夕暮れや星空を待つ前に夢の中に僕はいる
輪郭がやけにはっきりしたと思うくらいに
世界に僕は触れることができる
ほんとはどこへたどり着くかもわからないままに
その光射す方へ向かってみようと思うのだ

2018年10月16日火曜日


回転木馬の整列が/光の糸を噴き出している/ガレ-ジに吊るされた/ランプの灯と交じり合い/ビニールシートのこすれる音がひびく/岬で魚影を追う白い船が今朝/沖へ到達した/知りすぎたペンシルバニアの農夫たちが/反乱する/強い炎の中で二つの森が現れる/焦げた匂いは斑点模様となって/リンゴの表面(サーフェイス)へ/降りそそぎ始めた/通り過ぎた玉虫色の遊歩道から/キビキビとしたチェロの旋律/行方知れずの猫が土曜日の階段であくびをしている/満ち足りたグラスからダイヤモンドが引き上げられて/渡り鳥が旅の準備を始めた/太陽の産声に気づかぬうちに/羽衣の残照が大河へと流れだす/蓮の咲く沼のほとりに少年の自転車がまわる/投げ出された手紙が今日もビルの隙間でまばたきをしている/緑色の椅子が空き地の中に立ち上がり/揺りかごの紋章は扉のステンドグラスに映り込む/ちぎれたパンのかけらが路地裏にすいこまれていく/ああ、6月の幻/屠殺場から血の便りが届くように/街灯に照らされた傘の影が/広がり続ける星々の速度を計測している/置いてきぼりのハムスターが輪を回し続けている/遠くで君の名を呼ぶことばが/屋上から見える花火のように/過去へとどまり未来へ散る/静寂の海と忘却の空へ/私もまた君の名を呼ぶ/カフェの入り口にたたずんで/春のゆくのを待つ/酒場のカウンターで/秋の訪れをかぐ/駅のホームで/冬の足音を聞く/今は夏のはじまり/林道で、陽射しに貫かれながら/君の後姿を摘んでいる/ああ、私はまた、ただ/海辺の巡るのを知る/同じに思える風の中に/新しい色がまぎれこんで/しだいに音に変わっていく/かき混ぜられた紫色の交響曲/ナイルの反乱に飛び込んで日々を裏ごしして/ピュアな木の葉が降りつもる/ああ、光の芽が高速でふき出して/矢印をつくっている/窮屈なボトルの花々が/草原を夢見て空へ伸びる/走り去る馬の周りを蜂たちが飛びまわり/再会を約束した傭兵たちの十字架へとまる/落ち続ける滝のしぶきに目玉がすり減りながら/それら花々の香りを放っている/最北の地にゆがんだテレスコープの影がゆるやかに流れる/ジキタリスにおける国境のあいまいさに似て/三度目の祝祭が行われる街で大通りをいけにえの羊たちが歩いて連なる/右手の火傷のあとからぼんやりとした痛みがして/予定調和の酒だるから天の川の星々が注がれていく/水中花の浮かぶグラスに陽の差して虹の生まれる/南蛮渡来の望遠鏡からオアシスの森/三千年の教会から鐘の音の響くころ/カエルの歌が聞こえて山々の嶺に雪の降る/最小限の方位磁石をたよりにジプシーの一団が/新しい季節を求めて出発した/ソドムとゴモラの罪を洗い流す月の光に似て/田園の稲が歌い始める/くりかえされる、まわる、めぐる/いのちのはなに君は似ている/馬のたてがみをつかんで草原の風が触れる/水色の首飾りに涙がいくつか落ちて/長い髪の女がその髪を結いながら/夕暮れを見つめている/遠い未来が今をのぞいて優しく肩を抱いてくれている/隙だらけの気泡が両端の夢に届いて虹をかけ始める/数時間のサイレンが石炭袋に吸い込まれて/青い光がこぼれてくる/三日月の上に腰かけた少女たちが/白い足をこぎながら優しい歌を唄っている/千年草が芳香の中で開きはじめた/今日の夕暮れが昨日の夕暮れを引き受けながら/突き出された天井桟敷に鎮座している/見つけたばかりのハンケチを手にしながら/あふれる涙をぬぐう/それは、霧の先での、喜びの、である/とどまることのない陽光のように/現れて消える言葉とわたし/そしてあなたのかおり/現前するのがはかない/絹のような糸のような/触れることのできぬ去り続ける幻/この呼吸の終わらぬうちに/もう一度もうち一度/夕闇に音はまぎれて
光る瞳ばかりが宙を舞う
遠い日の彼岸を私たちは待つ
嘘もひとつの真実であると知る時
森の中からふくろうのなく声の響く

2018年8月31日金曜日



暑さに心が死んで
路々にころがる蝉に
蟻のむらがる

陽射しが身体をむしりとり
時が生命を喰っていく

2018.8.9

            

2018年5月29日火曜日

忘れ去られた横断歩道にカモメが一羽
夕暮れ間近の場違いな海辺とどこが似てる?
いつだかの暗がりの中でさぐりあった肌のあたたかさを
なぁカモメ、君も憶えているだろ?
2018.5.25

2018年5月20日日曜日

同じに思える風の中に
新しい色がまぎれこんで
しだいに音に変わっていく
かき混ぜられた紫色の交響曲
ナイルの反乱に飛び込んで日々を裏ごしして
ピュアな木の葉が降りつもる
ああ、光の芽が高速でふき出して
矢印をつくっている

2018.5.11

2018年5月17日木曜日

首筋の伸びた君が一秒を細かく細かくして歩いてくる
鼓膜に届く微かな微かな君の足音
どこをイメージのイメージの中で進んでいるのか
遠い岬の灯台が光を回して届くところまで届くところまで行くように
君が世界を世界を新たに照らしながら照らしながら歩いてくる
私に、私のところへ
ああ、
私に、私のところへ
ああ、君よ
七色のプリズムの幻

2018年5月7日月曜日

白い紙たちの沈黙が呼びかける

白い紙たちの
沈黙が呼びかける
記されるべき言葉の
描かれるべき線の明日は

この呼吸の
この血の
この時の
先に

確かなことそれだけをまず記す
おはよう
わたしはあなたと過ごせて
どれだけしあわせかわかりません

部屋に虹
部屋に光
窓から
そう 窓から


2018年5月2日水曜日

大切な人と一緒にいられること
美味しいものを食べられること
快適な場所にいられること
私の仕事が世界の役に立つこと
美しい風景の中にいられること
安らかに眠りにつけること
湯船にのんびりと浸かれること
芸術作品を日々創り続けられること
これらの訪れに感謝していられること
隣人に祝福と祈りを捧げられること

ひとつ先の角を曲がれば
長いこと街を見てきた大きな木がある
あなたにとっての懐かしい風景は
私にとってのはじめての風景
あなたに導かれて歩いて行くことで
その角が今日から私の想い出の一部となる
いつの日かまたこの角を曲がり
この木に出会うとき
私は挨拶をするだろう
そしてこの木目に触れて
あなた指先を思い出すだろう

登る朝陽、とっぷり浮かぶ月に出会い
正面切って向き合える詩を思い出すだろう
光のある未来の創り出せる詩を思い出すだろう

蜘蛛

地上10階のこの部屋に蜘蛛の歩いているのをみた
マンションが改装中で外壁に足場が出来てそこをのぼって来たのだろう
巣を張るのだろうか自分だけの住みか
自分の体から出てくる糸を組み上げ食べ
眠るところを作り、飛行する
移動して形づくる
透明な生の為すまま
蜘蛛は私に気づいて動きを速めとどかぬ所へ
死を逃れて

2018年4月27日金曜日

あの日から3年が過ぎた
信号待ちの白い部屋から
トビウオが逃げ出した
どこからともなくの電線が
昨日と明日の間に鎮座する
鉄塔がに絡みついて
ツーツーツー
通り過ぎた自転車の学生たちが
影を追い越しながら
消えていく
少し痩せた君の雪だるまのようなおにぎり頬張る
深夜タクシーから遠い未来の約束をして別れたあなたと過ごせる時間があと1日あるだろうか

柱時計の告げる
詩の始まりから
巻き上げられるネジ
幾千もの振り子が
夕暮れを追いかけた
麦わら帽子の未来を約束していた

インクの匂いを忘れずにいることで
かつて咲き乱れた花々
(例えばパンジー)(あるいは向日葵)

凍える駅のホームでも
星々の中に持つことが出来る

私はその夜に流れる
ひとつの河を見た


2018年4月19日木曜日

影が濃い冬のある日

影が濃い冬のある日
像は過ぎ去り気配がまたひとつ
​世界を覆う

2018年3月4日日曜日

光にまぎれて春の薫りが路地を通り抜ける
暮れてゆくその日をとどめたくて
時間の流れのゆるやかなところへ行く

どのくらいの距離から
どういう形で届いてくるのか
光、音、あるいは味

その大きな窓から見える景色と移ろいゆく存在
夜の訪れる少し前に音のない花火が開く

2018年2月20日火曜日

白い紙たちの
沈黙が呼びかける
記されるべき言葉の
描かれるべき線の明日は

この呼吸の
この血の
この時の
先にあるだと

おはよう
わたしはあなたと過ごせて
どれだけしあわせかわかりません

確かなこと
それだけをまず記す

虹が部屋にはいり込んできた
いつかあなたにもみせたい
放物線が空と地面を分けていた
呼吸を整えながらもたれかかる君を
白い窓辺からみていた
許された時間のわずかなのを知る
階段の格子の影が移ろうのに似て

2018年2月9日金曜日

さらばあたえられん

あかるいひざしのかなで
わたしはきょうもいきていることをしる
でんしゃのゆくおとがする
つけたままねていたでんとうがついている
まちでびるをたてるおとがする
そこにはだれかがいて
わたしもそこにいるのだ
なつかしいひとたちにあうゆめをみる
のこされたしゃしんが
そこにわたしのいたことをしょうめいする
まだふざいのあしたやみらい
かつてふざいだったいくたのじかんやばしょ
こたえをだれもよういしてはくれない
のどがかわいた
わたしはきょうもいきていることをしる
もとめよさらばあたえられん

2018年2月1日木曜日

絞り5.6 速度1/125

もたれ掛かりくる君の腕に
1月の雨の雫おちる
透明な傘さしてほお赤らめる君に
夕暮れの刻のおちる
絞り5.6 速度1/125

鳥取

真っ白な雪が朝目覚めると景色を覆いつくして
その中で屋根のあることを思いながら
湯を沸かして朝食の準備をする
米とみそ汁シシャモに納豆、卵。
じょりじょりしてる雪道と鷲の羽ばたくような山並み抜けて
小学校の校庭、雪に埋もれた電気自動車。
鳥の置物がたくさんある廊下。
腰丈の灯油ストーブ。黒光りするリノ
白いスクリーン。ラジオ体操。
声、声、身体、身体、真実、真実、虚構、虚構
夕暮れ、月夜、鍋、下着、台所、やかん、お菓子、カレー
イラスト、結婚、ゴリラ、200円、ぼんやり
一軒家に偽物の親戚

あぁ、美しさとはつまり欠如

『夕暮れ』

さかさまの
天井が黄色キャンバスに
描かれて行く
予定された
シュークリームの甘さ

かなたのこと
とどく光の道筋
溢れてくる
美しい言葉だけを
紡いでいく

反響する
時間たちが
ほらまたそこここで
睦びあう


埋もれていた古い手紙コーヒーの滴が花もよう
湯舟に頭の先まで浸かって
あの日のことばを泡にする
ー雨が好きだー
巡りゆく季節の雨が弾けるたび
私も見知らぬ誰かの声を聴く

2017年10月29日日曜日

眠りと目覚めとに
ひかりとかげとに
記憶と夢想とに
永遠と刹那とに

あぁ、ミューズ


2017年10月25日水曜日

日々が失われていく
あれほど心に誓った願いや想いも
塗り替えられてゆく日々に埋もれて
掘り返さなければ見つけられない
手のひらを空に向けて
あの日から流れてくる雲の端を
掴もうとする
握られた拳を
そのまま胸に打ちつける
何度も何度も
動け動けと
祈りににて

2017年8月15日火曜日

たそかれ

浜辺から見える
水平線の漁火に
焚き木の火が混ざる

いつの日かのカモメのように
あなたは潮風の中でそれを見つめていた

ざわめいた波があなたをさらおうとしていた
雲の切れ間から黄昏があなたをさらおうとしていた

とても静かなの

と、あなたはささやいた

2017年7月16日日曜日

それでさそしたらさ

約束を果たしながら虹の足元を探しているんです
見上げて流れて行く雲が笑っているんです
何もないところに指で筋をつけて遊ぶんです
おまじないみたいに合図を送って呼んでるんです
浜辺に打ち寄せる波は忘れたい言葉を流すのによくて
海を渡ってどこかの浜辺にいる誰かの口に移って飛び出してくるんです
見えないけれど優しく生命のある言葉がミルフィーユみたいに
積み重なってさ
積み重なってさ
それでさそれでさ
そしたらさそしたらさ

2017年6月25日日曜日

さざ波

週末のギャラリー
人の海
いい薫りがする
ああ、君

「美しいですね」
「ああ、ほんとに」
ああ、君
ああ、さざ波

2017年4月15日土曜日

数寄屋橋の女

スンとする君は
肩にかかる
桜のひとひら
数寄屋橋